新編鎌倉志 - 河井恒久

河井恒久 新編鎌倉志

Add: fojunel3 - Date: 2020-12-09 16:17:46 - Views: 200 - Clicks: 9466

植田孟縉編輯 (大日本地誌大系 / 蘆田伊人編輯 ; 日本歴史地理学會校訂, 第5冊) 大日本地誌大系刊行會, 1915. 5cm 貞亨2 (1685)版の後印 鎌倉の詳細な地誌。全8巻とも全て鶴岡八幡宮を中心として1日の行程を量 り、一冊ごとに作られたもの。. com: 新編鎌倉志 8巻 3 (国立図書館コレクション) (Japanese Edition) eBook: 河井 恒久 友水, 力石 忠一 叔貫, 松村 清之 伯胤: Kindle Store. カマクラ ランショウコウ: 著者名ヨミ: カワイ, ツネヒサ ウエダ, モウシン アシダ, イジン.

4/343(索引あり) <翻刻本> 「新編鎌倉志」(『大日本地誌大系』第5冊 日本歴史地理学会校訂 大日本. 鎌倉市--地理: 分類・件名: ndc8 : 291. 「ブラタモリ」と『新編鎌倉志』@nhk 街歩きの達人・タモリが“ブラブラ”歩きながら街の歴史や人々の暮らしを探る「ブラタモリ」がレギュラー番組として復活し. Amazonで河井 恒久 友水, 力石 忠一 叔貫, 松村 清之 伯胤の新編鎌倉志 8巻 1 (国立図書館コレクション)。アマゾンならポイント還元本が多数。. 新編鎌倉志卷之八 附跋文; ブログ350000アクセス記念 みんなの怪談集――私の最後の教え子の手になる都市伝説―― 新編鎌倉志巻之七; ブログ340000アクセス記念 下島勲 芥川龍之介氏のこと. 鎌倉攬勝考 / 植田孟縉, 蘆田伊人編: タイトルのヨミ、その他のヨミ: シンペン カマクラシ.

カマクラ ランショウコウ: タイトル言語: jpn: 著者名ヨミ: カワイ, ツネヒサ マツムラ. 河井恒久纂述 ; 松村清之考訂 ; 力石忠一參補. 新編鎌倉志 8巻首1巻. 「鎌倉名所記」 諸版について. 河井恒久ほか編 『新編鎌倉志・鎌倉攬勝考』(大日本地誌大系)(雄山閣、1959年) 『かまくら子ども風土記(中)(改訂十版)』(鎌倉市教育委員会、1991年). 光圀は翌年 河井恒久 を鎌倉にやり、その後、家臣に「 新編鎌倉志 」の編集を命じているので、いわばこの鎌倉巡りはその予備調査だったようだ。. 鎌倉攬勝考 / 植田孟縉, 蘆田伊人編 昭和4年刊の再刊 付 (地図1枚) タイトルのヨミ、その他のヨミ: シンペン カマクラシ. カマクラ ランショウコウ: TTLL: jpn: 著者名ヨミ: カワイ, ツネヒサ マツムラ, キヨユキ.

新編鎌倉志 著者 河井恒久 等著他 出版者 大日本地誌大系刊行会 出版年月日 大正4 シリーズ名 大日本地誌大系 ; 第5冊 請求記号 353-12ほ 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10. 21.新編鎌倉志(しんペんかまくらし) 河井恒久纂述 松村清之訂 力石忠一補 8巻8冊 25. 新編鎌倉志 - 貞享二刊 - 河井恒久 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 新編鎌倉志. 11501/952770 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了). 『新編鎌倉志』(しんぺんかまくらし)は、江戸時代の地誌。貞享2年(1685年)に刊行。 水戸徳川家当主で水戸藩主の徳川光圀が彰考館員の河井恒久(友水)らに命じて編纂した鎌倉の地誌で、延宝元年(1673年)に光圀自身が鎌倉を旅行した際の見聞記を基に作製された。.

カマクラ ランショウコウ: タイトル言語: jpn: 著者名ヨミ:. Amazonで河井恒久等の新編鎌倉志。アマゾンならポイント還元本が多数。河井恒久等作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お. 新編鎌倉志貞享二刊影印・解説・索引 - 河井恒久のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 37 bsh : 鎌倉市 -- 地理: 注記: 影印本 底本: 東京都立中央図書館所蔵加賀文庫本 (書架番号1790) 原本の編纂・校訂: 河井恒久, 松村清之, 力石忠一: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 鎌倉攬勝考 / 植田孟縉編輯 登録日:: タイトルのヨミ、その他のヨミ: シンペン カマクラシ. 序, 新編鎌倉志 - 河井恒久 凡例, 總目, 卷之1, 卷之2. 新編鎌倉志 著者 河井恒久 等著他 出版者 大日本地誌大系刊行会 出版年月日 大正4 シリーズ名 大日本地誌大系 ; 第5冊 請求記号 353-12ほ 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10.

新編鎌倉志 / 河井恒久纂述 ; 松村清之考訂 ; 力石忠一参補. 鎌倉攬勝考 河井恒久纂述 ; 松村清之考訂 ; 力石忠一参補. 新編鎌倉志 8巻 著者 河井恒久友水 纂述他 出版者 柳枝軒 出版年月日 貞享2 1685 請求記号 839-90 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) 詳細表示 資料種別 (materialType) Book. 鎌倉攬勝考 / 植田孟縉編輯 タイトルのヨミ、その他のヨミ: シンペン カマクラシ. カマクラ ランショウコウ: TTLL: jpn: 著者名ヨミ: カワイ, ツネヒサ ウエダ, モウシン アシダ, イジン.

4/26/1~9 <影印本> 『新編鎌倉志(貞享二刊):影印・解説・索引』白石克編 汲古書院 k291. 茨木方淑 貞享2 1685 題後. カマクラ ランショウコウ: 著者名ヨミ: カワイ, ツネヒサ マツムラ, キヨユキ チカラ. 江戸時代に延宝2年(1374)に鎌倉を歴遊し「鎌倉日記」を残した徳川光圀が、臣下の河井恒久等に命じて編集させた「新編鎌倉志」及び「新編相模国風土記稿」などの「地誌」等を引用し、鎌倉の歴史を立体的に考察して史実の検証を行い、真実の実態に. 『新編鎌倉志』(しんぺんかまくらし)は、江戸時代の地誌。貞享2年(1685年)に刊行。 水戸徳川家当主で水戸藩主の水戸光圀が彰考館員の河井恒久(友水)らに命じて編纂した鎌倉の地誌で、延宝元年(1673年)に光圀自身が鎌倉を旅行した際の見聞記を基に作製された。. 本「新編鎌倉志」は、この「鎌倉日記」を元に、延宝年間(一六七三~一六八一)に家臣で彰考館(光圀が『大日本史』編纂のために江戸小石川門の藩邸内に置いた修史局)館員であった河井恒久(友水)や、松村清之(伯胤)・力石忠一(叔貫)らに命じ.

『新編鎌倉志』は、1685年(貞享2年)に徳川光圀が家臣の河井恒久らに編纂させた地誌。 全8巻12冊。 光圀自らが1674年(延宝2年)5月に鎌倉巡覧したときの記録『鎌倉日記』を基に編纂されたのだそうです。. その後、家臣の河井恒久等に命じ、鎌倉の地誌「新編鎌倉 志」(1685)を編纂した。この両書を比較して見るに、鎌倉日記には名数は見られず、鎌倉志には「鶴岡八幡宮の記録」より採用と記載されている。. 新編鎌倉志 / 河井恒久纂述 ; 松村清之考訂 ; 力石忠一参補 ; 蘆田伊人編.

『新編鎌倉志』全12冊 河井恒久撰 柳枝軒 1685(貞享2)k291. Buy 新編鎌倉志 8巻 3 (国立図書館コレクション) (Japanese Edition): Read Kindle Store Reviews - Amazon. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 新編鎌倉志の用語解説 - 徳川光圀が編纂させた鎌倉の地誌。8巻。延宝年,光圀が鎌倉を旅行した際,名所,旧跡などの記録を取らせ,これを水戸藩彰考館の史臣河井恒久に命じて編修させ,松村清之,力石忠一らの補筆,校訂を経て貞享2 (85) 年.

新編鎌倉志 (ウィキペディア)江戸時代の地誌。貞享2年(1685年)に刊行。水戸徳川家当主で水戸藩主の水戸光圀が彰考館員の河井恒久(友水)らに命じて編纂した鎌倉の地誌で、延宝元年(1673年)に光圀自身が鎌倉を旅行した際の見聞記を基に作製された。. 江戸期に成立した鎌倉の地誌・紀行類は非常に多い。刊本で した「鎌倉物語」「新編鎌倉志」の各種版本の比較をして、次り、まことに当を得た記述が多い。当論では始めに同書に先行年刊同二十三年修印本である。.

新編鎌倉志 - 河井恒久

email: uqotegul@gmail.com - phone:(475) 585-8464 x 7120

落語で不調を改善! 笑って自律神経を整える - エイ出版社編集部 - ないないづくしの起業術 大和田聡子

-> MEDICAL REHABILITATION 心疾患・心疾患合併例のリハビリテーション処方とその理学療法 No.19 - 宮野佐年
-> 博報堂DY(博報堂・大広・読売広告社)の会社研究 会社別就職試験対策シリーズ メディア 2018 - 就職活動研究会

新編鎌倉志 - 河井恒久 - 皇帝は不死を夢見る


Sitemap 1

ナンプレ超極・激<決定版> - 横内孝司 - 吉見侑子 躍る日差しの中の子供達